メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または、あきらめるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

妻との喧嘩して別居を検討するも収まった話

他人と同居するのは何年たっても難しい。

もう結婚して12年ぐらいになるが、いまだに腹が立つ。

しかし、争いたくないので、大概の事は飲み込むのだが、

一つだけ、配偶者に対して、嫌なことがある。

 

それが、妻はとても感情的で、普段はニコニコしているが、

イライラしだすと、その感情をぶつけてくる事だ。

イライラした感じで、怒りだし、その日は口も利かなくなる。

どうも、「自分だけ頑張っている」と感じるらしい(本当にそう言った)。

しかし、ある日の私の日曜日を見てみよう。

①家族ために朝7時、朝食を作る

②トイレ掃除をする

③昼食を作る気配がなかったので、自分で食べる。

 子供は、カップ麺(ただしこれは彼らのリクエスト)

④風呂を入れる。子供たちと入る。

⑤長男の宿題を見てあげる。

⑥子供たちを寝かしつける。

 

それとなく、

「それは止めてほしい、夫はおいしいご飯とか、部屋を掃除してほしいとか思っていない。帰ってくることのできる暖かい家庭が欲しいだけなのだ。」

と、話をしてきた。

そう、女性側から見ると自分勝手な意見なのだろうと思う。

しかし、現実、家庭がうまくいっている所は、夫が浮気をする確率は本当に少ないのではないかと、ひそかに思っている。

これも、女性側から見ると怒られるかもしれない。

 

家に帰りたくない⇒飲み歩く⇒どこかで知り合う⇒浮気

家に帰りたくない⇒部下を飲みに誘う(女性)⇒浮気

 

どちらのパターンでも構いません。真実です。

 

2週間で、3回感情をぶつけられた。

しかも最後は会社のある朝にだ。

その時は、出社しながら、ブルブル手が震えた。

そして、限界だと感じた。

 

会社から、ラインで文章を送った。

「あなたといると苦痛です。別居したいです。しかし、子供とは離れたくないという気持ちです」(実際はもっと長い文章)

 

自分でやったことではあるが、その日は、修羅場だった。

泣き叫んでいた。しかし、次の日にメールが来た。

「努力します。別居だけは嫌です」

 

で、その後、平和に戻りました。

少し、かなり、だいぶ端折っているので、分かりずらいかもしれませんが、私が彼女を理解してあげられなかったことに対しては、謝りました。

 

メンタルが弱い私は、このままであれば、結局私は会社と家庭のストレスで間違いなくうつ病になる。(もしくは、浮気する。もてる。結構。)

となると、子供たちを養う事は不可能になる。

という事は、お互いのために、別居しかない、と判断したわけです。

 

こう言うことを繰り返しながら、他人との同居は続いていくのだろう。

この時は、3日間連続で、睡眠剤を飲みました。しかも、少し多めに。

八日目のセミにメンタルを削られた

映画は好きで、よく見る。

特に、スターウォーズとか、トムクルーズとかのドンパチ物が好きだ。

DVDで借りる時もあるし、

1800円払ってでも暇なときに、たった一人で見ることが多い。

 

そんな私だが、このたび「八日目の蝉」をテレビで見てしまった。

要するに、暇だったからだ。

そして、妻が角田光代さんのファンで、以前からこの映画を絶賛

していたことも、頭に残っていた。

 

感想として、

やばい。ただでさえ不眠を抱えた、メンタル障害がある私なのに、

この映画は、やばい。メンタルが削られた。

最後の船着き場で、刑事につかまるシーンは、涙がどっと出た。

「その子はまだご飯食べていません」

脳みそがやられるかと思った。

しかし、みんなアイフルさんに同情的だったが、どう考えても

同情すべきは、本当のお母さんなのだが。この人は、メンタルやられた

感じで書かれていたので、「普通の人」は感情移入できなかったかもしれない。

また、マオちゃんが、「写真館で写真を見るシーン」も、追い打ちをかけて、

気絶するかと思った。

 

 

 

 

 

しかし、若干の疑問は残る。

①4歳までの記憶ってそこまで残るか?その後、ちゃんと育てられたら、

 元に戻るんじゃね?「三つ子の魂百まで」って、嘘らしいし。

②自分じゃない子をそこまで愛せるか?(妻のお言葉)

③写真館のおやじ、15年以上たった顔を見ただけで、思い出すか?

④なんで、そろいもそろって、愛人に対して避妊しないんだ?

 

とはいえ、よい映画でした。妻に聞くと、この年の映画賞を総なめしたらしい。

映画館では、鼻をすする音が響き渡っていたらしい。

 

早速この夜は、子供を何回も抱きしめてしまった。(子供は嫌がっていたが)

家庭が崩壊したら、私のメンタルも崩壊するな。間違いないく。

若干夜寝られなかった。よって、朝から、1本の映画でとてもしんどい。

しかし、よい映画を見るのであれば、耐えられるしんどさだ。

個人的は、

八日目まで生きていたくない。「流れに沿って消えたい」とは思っている。

 

久しぶりに飲み会に行き、頭が割れるように痛い

久しぶりに会社の飲み会に行った。

まあ、友達がいないので、飲み会といえば、会社しかない。

小規模のプロジェクトの打ち上げみたいなものだ。

しかも、幹事。上司が幹事をする。意味が分からん。

 

全部で7人。普通の居酒屋の普通の座敷に通された。

幹事といっても、後輩がいるので、実は座っているだけでいい。

しかし、料理は私が注文した。

しかし、注文が難しい。

気を遣う性格で、小心者なので、これ頼んでみんな食べるかな?

などと、考えてしまう。

 

今回の俺チョイスは、

・刺身の盛り合わせ(5人前)

・焼き鳥の盛り合わせ(5人前)

・エビチリ

・あさりの酒蒸し

・煮込み

・卵焼き

・焼きそば

・焼き魚

・巻きずし

・ニラ豚

あと、適当に5~6品

 

世間的にこのセレクトはどうなんだろう?

生中2、ハイボール2、熱燗4 を調子に乗って飲んだ。そう後半記憶がなく、

しかもいつの間にか家の布団で寝ていた。頭は痛く、胸やけガガンガンする。

 

楽しかったのか、楽しくなかったのか、いまだにわからない。

しかし、特にあとから気になる発言も思い出せないので、大丈夫かなと思う。

 

少しづつ、外に出ることをやっていこうと思う。

ただ、会う人間が、会社というところが進歩がない。

どこかの店のカウンターで常連になりたい。

早く50台までには第三の場所を作らなければ、と改めて思った。

 

ゲームが嫌いだ

子供がゲームをする

一日30分と決められているのに、約束を守ったことはない。

DSを長男に買ってあげたのは、小学校3年生の時だった。

本人ではなく、妻に泣きつかれたからだ。理由は、

「周りが全員やっているのに、この子は見ているだけ。かわいそう」

という、意見に流されてしまった。

 

そのおかけで、下の子が兄のゲームを幼稚園の年長からすでに

触るようになってしまい、常に私のスキを見て、やろうとする。

 

気持ちはわかる。私もゲームボーイファミコン世代だった。

ほしくてほしくてたまらなかった。しかし、父親が厳しかったので、

買ってとはついに言えなかった。そこで、友達の家に行きよくやっていた。

 

しかし、ゲームが家になかったことには、感謝している。

どう考えても、ゲームは時間の無駄にしか思えないからだ。

(本当にすいません。と謝っておく)

 

ファイナルファンタジー、とか、ドラクエとか、何十時間もして、クリアして

そして、いったい何が残るのだろうか?

主人公のHPは増えていくが、やっている本人のHPは全く増えない。

 

マリオは人生をクリアして、姫をゲットできるが、お前は家の中に閉じこもって女の子をゲットできるのか?

 

だから、いつも、子供たちには、

「そんな無駄な時間を過ごさないで、本を読め。」

と言っては、妻に激怒される。

 

そういえば、父親

「漫画ばかり読むな。テレビのバラエティなど時間の無駄。本もそんな意味のないもの(赤川次郎など)読むな。」

と言われている事と同じなのだろう。

 

しかし、相変わらず、ゲームが嫌いだ。

いつか、子供たちのDSを半分に叩き割りたい。

いつか、wiのコントローラーを庭に埋めたい。

そう思いながら、メガネをかけた少年が、インクを飛ばしている画面を眺めながら、

本を読んでいる。

女子大生がやってきた

女子大生がやってきた。

3週間だけのインターンらしい。

 

会社が毎年受け入れているのだが、今年も受け入れました。

それはそれでいいのだが、その担当が自分になった。

 

正直、臆病者で、豆腐メンタルで、人見知りが激しい私ですが、

それが、寡黙でバリバリ仕事を行う社会人に見えるらしく、

とても緊張しているのが見えた。

 

もちろん女子大生。親切にしようと、思っていた。

 

しかし、仕事が詰まってくると、彼女に費やす時間は限られてきて、

わずかな指示しか与えられず、しかも、当然右も左も前後もわから

ない女子大生が、その指示通りに動けることもなく、

更に仕事が増えていくという悪循環を享受することになった。

 

さらに、執拗な1人の顧客のクレームが異常で、何か、げんなりもしてくる

状況だった。

 

しかし、誰もが最初は初めて。よく考えたら、ここに転職してきたとき、

誰も、私の相手などしてくれなかった。そんな時、優しく声をかけて

来てくれた人が本当にありがたかった。だから、それを今度は違う人に

返していくべきだと感じている。

それに、このような研修生は、受験生でも良いが、たとえ落ちたとしても、

いいイメージを持ってくれることは、会社にとって大きなメリットがある。

 

そういえば、20数年前転職するときに、嫌な圧迫された面接されたところは、

今でも思い出しても腹が立つ。覚えとけよJICA・・・・・クソ。

 

何はともあれ、研修生もあと1週間。頑張ってください。

整体に行くと驚愕の事実が

前に首が痛いと書いた。

整骨院に行ったが、治らない。

痛い、首を振ると痛い、寝転ぶと痛い、パソコンしてるだけで痛い。

Twitter見てたら、頸椎神経症根症というのが、症状が似ていた。

もう我慢できないと思い、整形外科に行って、レントゲンを撮ってもらった。

その結果、

「まあ、頚椎症と言えば、頚椎症だけど、特に問題ないね。筋肉弛緩剤飲んで、

ストレッチやっとけば」

みたいな、超いい加減な診断だったので、頭きて、腰をぶっ壊した同僚に聞き、

新たな整体に行った。

 

おっちゃん一人が、細々とやっている整体だが、見てもらった。

すると、驚愕の事実が・・・・・。

「こりゃひでえ、頸椎の2番がのめりこんで、胸椎の1番から7番まで、全部ずれてる。特に、1番はやばい。よく、歩いているね。しんどいわーー。こんなの見たの久々(笑)」

と言った。

 

f:id:hamat0102:20171109094951g:plain

特に、胸椎の1番が曲がると、色々なところに、不都合が来るらしい。

例えば、「動悸、不整脈、めまい、更年期障害、肩こり、不眠など」

不眠!!!!!!!

これだったのか俺の不調!?

なんか、見た目はそこら辺のスナックにいるさえないおやじなのに、

すごく論理的に話をしてくれて、腑に落ちた。

子供のころから、姿勢が悪く、正直、猫もびっくりするくらいの猫背だ。

 

早速、針と、電気で筋肉をほぐし、後に、ボキボキと音を立てて、頸椎と背骨を

入れてくれた。

今日から寝られる!!薬なしで!!

と思い、うきうき帰った。

確かに、首の痛みは、完全ではないが、楽になった気がする。

そして、不眠症は・・・・・・・・

残念ながら、あまり変わった感じはない。

そう、そんなにうまくはいかないのだ。

 

 

季節の変わり目、ストレスは変わらず。

仕事をしていると、どうしてもストレスは欠かせない。

顧客のわがままに、振り回されることもある。

どう考えても、こちらは悪くないのに、相手をなだめたり。

同僚に、「クソやな」と悪口を言って、感情を抑えている。

隠語で、例えば大林さんを「あのビックフォレストが・・」とかは、

アルアルだろう。

 

しかし、私の場合、ダイレクトに、睡眠に影響するのでたちが悪い。

睡眠導入剤を飲んでも、5回か6回は覚醒するし、朝起きても、

熟睡感がゼロ。

 

よく考えたら、特に自分の人生にはさほど影響がない、というのは

分かっているのに、ついつい悩んでしまうのはなぜだろう。

 

動物はどうやら、危機管理がしっかりしていて、常に緊張を強いられる

ようにできているらしい。「悩み」もその死に対する防御の一つであるらしい。

 

この辺、もう少し進化しろよとは言いたいが、古代から比べると、はるかに

寿命は延びているのだから、文句は言えない。いや、寿命が延びているから、

こんなに苦しむのか?

 

さて、師走に向けて、仕事が加速していく。

どうか、私のメンタル、年末まで持ちますように、と言いながら、

今日も、ストレス除去装置「子供の寝顔」を見て寝るとする。