メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または、あきらめるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

睡眠剤との決別

ついに、発症してから初めて、

眠剤を1か月も服用しなかった!!

約1年と半年かかった。

 

この前、翌日相当なプレッシャーのある仕事があったのだが、

それでも、飲まずに寝ることができた。

これで決別できるのではないかという確信が持てた。

 

服用している人はわかると思うが、睡眠剤は、覚せい剤みたいなものだ。

常習性がひどい。

特に、精神的な依存がひどくて、「飲まないと眠れないかも」

という恐怖が襲ってくる。また「寝なければならない」焦りが

それに拍車をかける。

 

今は、仕事(明日やる事)と睡眠を確実に分けて意識できるようになった。

まだ、夜中に3回は覚醒するが20~30分もすれば寝られる。

 

このところ、更新が滞っていたのは、憂さを晴らすことが少なくなって

来たからだろう。

今日、マイスリーも、レンドルミンも、ベルソムラも

全部、パックに詰めて納屋にしまった。

飲まなくても、お守りのように、寝室に置いていたのに。

 

このまま、ブログを止めるまで、調子が続くといいなと思う。

 

しかし、不安材料も実際は多々ある。

その一つは、NISAを解約し、仮想通貨に突っ込んでしまった。

軽く、軽自動車分。

相変わらず、ギャンブル癖が抜けない。

この間の暴落では仕事が手につかなかった。

本当にバカ。

しかし、夢もないと、生きられないしね。

有望な通貨を探すのが、なんか楽しい。

 

「平穏」であることは貴重だが、多少の緊張(ストレス)がないと

逆にボケてしまうらしい。

 

そんなこんなで、1日が今日も過ぎていく。

今日も調子がいい。筋トレしよう。

壁にぶつかると、人は強くなるは、本当か?

小さいころから壁にぶつかりまくっている。

特に、浪人した時は、真っ暗なトンネルを歩いているようだった。

そして、よく中学、高校時代の嫌な思い出がフラッシュバックした。

 

また、1年に一回、大学受験の時の夢を見る。

「結局今年も同じ大学に行くのか。」で、目が覚める。

 

 

そういった経験が、自分を強くしたとはあまり思えなかった。

しかし、最近経験や知識がついて、あ、もしかしてこれが「雨降って地固まるか」

と思う事も、増えてきた。

 

メンタルをぶち壊して、もうだめだと思ったときに、とにかく解決に向けてなんとかもがいたところが、いい方向に向かったこともある。

 

例えば、

・筋トレ⇒痩せる⇒中性脂肪下がる

・ランニング⇒体力増加⇒中性脂肪下がる

・寝られない⇒漢方⇒体質改善・寝なくてもよいというメンタル

 

結局

人は、壁にぶつかると、強くはならないが、改善に向かって努力することが、何か知恵を付けたり、副産物を手に入れることが出来るという事か。

 

しかし、昨今、過労死が話題になる中、

努力とは決して「頑張る」ことではなく、辞めるという勇気も含まれるのだろうと思う事も多々ある。

 

弱~~~いと自覚しているので、絶対強がらない事を人生の教訓としよっと。

最近twitter率が異様に高い。そして読書が減る。

おっさんだが、スマホでwitterをよく利用する。

と言っても、自分からは、決して、発信しない。

情報をとるだけである。しかし、これが早い。

 また、パソコンのように、起動しなくてもいいので、とても便利。

直接の知り合いは、だれもフォローしない。

インスタもそうだが、他人の動向に興味がない。

「誰がどこに行ったとか、何食べた」とか、何が面白いのだろう。

 

そのフォローする人によって、今自分は何がmyトレンドなのか、

分かる。今は、断然仮想通貨をフォローしている。

夜中の2時か3時には目が覚めるので、そこから、1時間ぐらい、twitterを見て、

また寝る。これが最近の傾向にある。

 

少し前までは、「筋トレ情報」、その前は、睡眠障害、うつ」、その前は

「テニス、サッカー、おいしい店」だった。

いやー自分世界の世相を反映している。

 

使い方によっては、とても有益なツールだが、しかし、極端に読書量が減った。

今までは月に3~4冊は本を読む人間だったが、twitterを始めてから、

全く読まなくなった。だから、薄っぺらな人間になっていくのを感じる。

読書は2つに分かれる。

 

①啓蒙や、情報、知識を身に着けるもの

②ストーリーのある暇つぶし

 

橘隆は時間の無駄だから、②はしないと言っていた。しかし、②には

「本当にいい本に出合えたな~」というものが多い。

だから、スマホが私の邪魔をするのは、自分に腹立たしく思う。

次の2冊は、ここ数年でとても面白かった。(少し古いが)

 

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

クライマーズ・ハイ (文春文庫)

 

 

 

掏摸(スリ) (河出文庫)

掏摸(スリ) (河出文庫)

 

 

 もっと暇をつぶそう。人生で、一番贅沢ではないか。

 

終わったああああああああ!冬休みがああああああ!

終わった。

そこら辺の社畜の人たちに比べると、長い休みだった。

11連休だった。また、有給を消化したった。

 

今日からまた、社畜のみなさんの仲間入りです。⤵

長い休みからのフライトは飛ぶ前が一番です。

 

特に、書くことがありません。いつも道理、実家に少しだけ帰り、

嫁の実家を訪問し、あとは家でダラダラして年末から、正月に

かけて取りだめしたビデオを見ていました。

 

正月には楽しみもあります。それが、1年で一回、大好きな数の子

大量に食べられることです。それ以外、友達もいないし、

家族旅行も金がかかるので冬は行きません。

 

とりとめのない時間が、ゆっくりと流れていきました。

しかし、熱中したものもあります。それが、最近はまった仮想通貨への投資です。

まだ黎明期で本などが出ていないので、ネットで有名なブロガーさんたちの

を読んで、徹底的に研究し今では口座数が10ぐらい開いています。

正直、「頭おかしいだろう」というくらいに、お金が増えていきます。

ただし、日本円にしていないので、文字通り仮想ですが。

 

株式の時と同じように、周りが見えなくなってきたので、少しセーブしようと

思います。もし、今あるお金が消えてなくなっても、まあ仕方ないよね

というスタンスで行きたいと思います。

若者は、一発勝負すればいいのではないかと思います。

時間があるので、失ってもすぐに取り返すことができるからです。

おっさんは、もうそんな気力も情熱もないし、守るべきものもあるからです。

 

今年も、お仕事頑張ります。いや、ほどほどにやります。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

 

 

クルクル変わる体調

ここ1週間は調子がいい。絶好調。

こんな日は時間がもったいないので、フルパワーで、

やり残したことをしている。

 

調子がいい理由。

それは、漢方屋(その方面の薬局)さんに行った。

最悪の状態で、をもすがる気持ちだった。

嫁は医者に行けと言ったが、正直、心療内科、精神科に行っても、

眠剤が変わるだけの対処療法。さらに、睡眠外来であれば、

「無呼吸」を調べて終わるだけ。おそらく・・・・。

 

つまり、過疎化が進む県では、ニーズに合った診療は受けづらい。

 

そこで体と精神そのものを変える必要があると思った。

それが、筋トレである。そして、今回は、内からの変革を求め漢方を頼った。

今までも、ドラッグストアで勝手に買っていたが、やはり、しっかり

相談してみようと、ストローにもすがる思いだった。

 

いろいろ話をしてみて、言われた。

「お客さん、舌とか、脈とか確認しましたが、全然軽いですよ」    *1

「お客さん、心療内科に行って、かえって病気になっちゃいましたね」 (ToT)/~~~

「お客さん、抗うつ剤を止めたのは正解でしたよ」          (^_-)-☆

「お客さん、寝方が悪いですよ。9時半って子供でも寝れませんよ」   ( ;∀;)

「お客さん、眠れなくても7時間横になってればいいんですよ」     ( 一一)

 

そして、薬を買わされた。調剤してくれるかと思ったら、

特にそのようなこともなく、市販で選んでくれた。

それが、これ。

 

f:id:hamat0102:20171229164336j:plainf:id:hamat0102:20171229164451j:plain

 

2つ合わせて、12,000円。い・ち・ま・ん・に・せ・ん円 (+o+)

しかし、もともと気が弱い私は、1時間近く相談に乗ってくれた方の

ご恩を裏切ることはできず、これを購入した。

向かって右は、顆粒で溶かして飲む。胃や肝臓を整え、不眠症神経症に効くらしい。

向かって左は、牡蠣のエキスで錠剤サプリ、脳に必要な栄養素を補うらしい。

 

結果、その日は、寝られなかった。

しかし、別に横になっとればいいというアドバイスで、あまり焦りはなかった。

次に日から、すこーーーーんと寝られるようになった。

変な寝汗や、動悸もあまりない。覚醒も3回に減った。

 

結果、今の所、効いているのかもしれない。特に、薬局のおじさんの

話が心に響いたかもしれない。

 

しかし、何度も言及しているが、こんなに簡単に行くわけがない。

また、何かをきっかけとして、体調は、崩れるのだろうというのは、

ある程度、覚悟している。そうやって、付き合っていくしかないのだ。

 

この話の最後になりましたが、最近土地契約を結びました。

50坪で、10000万です。なぜか、1万円の薬局より感覚がありません。

でかすぎると、緊張もしねーという事もわかりました。

 

年明けは、銀行に行き、本契約を結び金を借ります。

これも、でかすぎて緊張しない感じで生きたいと思います。

最近人生の3分の2を過ぎてまだ、色々な事が加速している気がします。

 

 

 

 

*1:+_+

更新が滞った理由いろいろ

このブログをはじめてから、10日以上更新しなかったのは、

初めてかもしれない。いろいろ理由があります。

それは、

・師走で忙しかった。

ビットコインで忙しかった。

・書くことが無くなった。

・めんどくさくなった。

・また危ない状態になった

 

全部です。

最近あまり調子が良くなかったのも確かです。

そう、この頃あまり、熟睡できなかった。

一番腹立たしいのは、明日仕事休みの日でノープレッシャーだというのに、

寝られない。これが、一番わけわからん。

布団に入ると、恐怖がある。寝られるかな、どうかな?

と考えることがすでに、不眠の症状となっている。

そうすると、何が不都合かというと、

・次の日少し大変な仕事があると、「寝なければならない」というイメージが

 さらに重くなる。

・次の日の約束などできない。

という事は、日々の生活にかなり制約が生まれるわけです。

また、「氏にたい」とか、結構思ったりもします。

 

よって、「寝られなかった」

そういう日は、絶望しかありません。2017年師走はそんな感じでした。

ブログは、認知行動のためにしているので、なるべく更新したい

と思っています。イヤなことも、良いことも。治ったら止めるし、

逆に、深刻になったら、更新などできないだろうけど。

 

今日は、久々目覚めすっきり。キリストが考慮してくれた気がします。

副交感神経モンスターの手料理が楽しみです。

基本的には、少しの幸せで満足しています。

 

仮想通貨が・今は・熱いその3

 

1週間前に買った仮想通貨が、

 

トータル利益もう30%を超えた。

 

正直異常。どれかっても儲かる状態。

 

口座も4つ申し込んだ。

coincheckhttps://coincheck.com/?c=wamPNLWFEjo

bitbank

bitfrier

zaif

一番簡単に買えて、種類も豊富なのがcoincheck,

唯一積み立てをして気絶できるzaifだけが、いまだに

確認はがきが来ない。たぶん、口座開設申込者が殺到してるんだろうなあ

と思うが、「アルバイト増やせよ」と腹が立つ。

(金が絡むと人は、感情を抑えきれない未熟な生き物です)

 

で、1週間、私も熱狂してみた。

10年前に10万円分くらい買って放置していたbitcoinが、200億円に?

みたいな書き込み見たら、それりゃあもう、震えます。

(金が絡むと人は、感情を抑えきれない未熟な生き物です)

 

でも、やはり、先に書いたように、この通貨は流行らないと確信する。

いま、仮想通貨を買っているのは4割が、ジャパンマネーらしい。

株を買っていた連中が、臭いを嗅ぎつけて、参加している、全員参加型の

パーティのようで、パーティはいつか終わりが来るだろう。

 

なせか?

若い人には笑われるかもしれないが、パーティ参加のハードルが高すぎる。

口座を開き「買う」までは誰もができる。

しかし、その通貨の使い方がさっぱりわからない。

そして、その通貨、口座に入れっぱなしではだめらしい。

自分の財布ウオレットをダウンロードしてそこに送金しないと、

いつ消えてもおかしくないらしい。

 

何が何だか、さっぱりわからん。

 

今は、ぎりぎり私世代までの連中が、参加し暴騰しているが、

実際、日本の金を所有しているのは、だれか?

それは、65以上の高齢者たちである。

この人たちが、インターネットを駆使してできるはずがない。

そう、どう考えても、早々に終わるパーティである。

最初の参加者たちが、きれいな女性を手に入れた。

 

しかし、インターネットの時もそうだが、本物は残るだろうし、

また、時間はかかるだろうが、仮想通貨に移行するのも間違いないだろう。

しかし、それも再生医療レベルの時間を要するだろう。だって、200か国

のコンセンサスが必要になるのだから。

 

という事で、あなたは参加しますか?やめときますか?

私は、「終わる」とわかっているが、

久しぶりに興奮したし、若者についていきたいし、夢を買いたいので、

参加します。しかし、そうほんの端っこでね。