メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または、あきらめるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

青春の1ページを拒否したった。

残暑にしても、、、熱い。

 

先日、日曜日の仕事中に電話がきました。

「元気にしてるかあ。ところで、同窓会の返事だけど、、、、(声太)」

声を聞いたとたん私は、

「今仕事中だから、あとで掛けるわ」

といって、電話をおもむろに切りました。

 

そういえば、7月の終わりに、高校の同窓会の手紙が来ていました。

10年ごとにどうもクラスではなく、学年全体で同窓会を開いているようです。

しかし、その幹事たちは、そう1軍連中です。いわば、巨人軍たちです。

しかも、電話をかけてきたやつは、中高と嫌な思いでしかない

からしたら、トラウマでしかないやつです。

もちろん、彼はそんな事思ってもないでしょうから、気軽に

電話してくるわけです。

 

こういう時に、不意にフィードバックするものなのですね。

・あの日なんかに、1mmも帰りたくねー

・思い出に浸りたい、思い出なんてねー

・いまさら仲良く笑えねー

・だいたい俺のこと覚えている奴いるか?-

 

結論として、独立リーグ所属だった私は、

「どうして嫌な思い出を思い出しに、わざわざ1月2日の貴重な休暇をつぶして、ここから車で3時間のところに行って、酒飲んで、金払うことをするのだ?」

と思いめぐらせました。

そこでさっそく電話。

「さっきは悪いな、すぐに返事だしとくわ。じゃ。(声細)」

そく切り。

俺子供ーーーー、中年なのに子供やなーーーー。

と思いましたが、帰って早速欠席で出しました。

 

私、今、地元の零細企業(社員約130人)の部長です。

家も建てました。

結婚して、微妙な妻と、能力はそれほど高くない子供が2人。

車が2台。

メンタル修復中。

年収は、全国平均のチョイ下。

愛人募集中。

 

これだけ見れば、田舎ではまあまあの勝ち組ではないですか。

田舎では。田舎では。田舎では。(確認のため、三回言っておきます)

 

しかし、全然、まったく、ちっとも、少しも

懐かしいと思わない私は、

負け組でしょうか。会いたい人がいないわけではありません。

あそこに戻るのが嫌なだけです。

こんなおっさんになっても、拒否反応が起きるのだから、

トラウマを抱えて、さらに生活がうまくいってない人は、さらに

この拒否反応が倍増されるのだろうなと、予想できます。

 

さて、静かに暮らして、いずれ消えてなくなりたいと思っていますので、

今日も、ダラダラ仕事して、筋トレして、嫁にトイレ掃除を命じられて、

1日を終えたいと思います。

 

暑くて、しかも睡眠障害MAXの日はどうしても、ネガティブな文章になるよね。

 

 

夏休みも終わり、錦織さんも終わった。

私の夏休みが始まったと同時に、

始まりました、全米オープンテニス。

錦織さんが出ています。(あと、なおみと西岡君と誰かな)

今年も全力で応援します。

数年前の決勝進出をもう一度とファンは願っているのです。

その錦織さんも29歳です。

18から応援してきた私としては、感慨深いものがあります。

ここ10年やはり、彼に続くものは出てきませんでした。

はあ!?どうなってるんだテニス協会!!

と思うのですが、しかし、ファンはもうわかっています。

彼が特別なのです。彼が日本で100年に1度の天才なのです。

だから、全力で応援しているわけです。

 

1試合、2試合とも見ました。

もちろん録画で。

アメリカは日本の真反対なので、夜中の試合になります。

私が夜中に起きて、試合を見て、メンタルがぶち壊れて、

錦織さんを応援できなかったらそれこそ、本末転倒であるという

理論で、朝、すべてのメディアをシャットアウトして見ています。

 

そして、試合の感想。

調子悪いです。間違いなく。

特に、サーブがいつもよりさらに弱く、

なおかつファーストが全く入りません。

また、得意の普通にやれば3セットで終わるのに、普通にしていれば

・・・・という試合をしています。

普通に勝つという事が彼には出来ないようです。

それ込みで、応援しています。

正直、ベスト8のフェデラーまで行ってほしい。

それぐらいが、今の彼の最高到達点だろうと思います。

しかし、ファンである以上、もちろんGSの優勝を願ってやみません。

 

夏休みになったので、筋トレの回数を増やし、

且つ、ちょくちょくさぼるランニングを再開しました。

ランニングは、さぼっていたこともあり、30分ぐらいが

限度です。涼しくなってから、頻度をもう少し上げたいと思います。

もし、錦織さんが優勝したら私、42.195やってみようかな・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・と少し思ってます。思うだけです。

=====================================

 

ここまで、書いて昨日、寝たらもう錦織さんの夏が終わりました。

42.195は幻に終わりました。

有名な、罵詈雑言Chでは

「彼は終わった。もうGSどころかMSも無理だ。これで30億か。あの女が・・・」

と書かれて荒れまくっています。

しかし、そんな彼らも、気になって応援しているのです。

そう、期待せずにはいられない。

日本に初めて現れた至宝なのだから。

(そして、今の所、あとに続く人がいない・・・・のだから)

少し、テンションは下がるのですが、ナオミちゃん、応援しましょう。

そして、15歳の子に世間の厳しさを教え、

そしてヤンキーどもを黙らせてもらいたい

と思います。

 

夏が終わります。

月曜日から仕事です。

行きたくないです。

 

錦織さんが負けたので、抜け殻のようになって、また仕事が始まります。

ハア(__)

夏休みの過ごし方 令和元年バージョンその1

夏休みになりました。やっとなりました。

もう、世間では夏も終わりそうなこの時期に・・・・・。

まあ、あるだけましかもしれません。

 

いつも我が家の恒例の家族旅行ですが、

今年は止めにしました。

理由は、もう近辺はここ10年で行きつくしてしまい、

次は、嫁の大学、就職の原点、京都とか、

私の思い出の土地TOKYOに行きたいね。

という話になったからです。

でも、考えてみてください。京都とか東京とか、家族で行くとなると

最低2泊は必要ですよね? となると、交通費、宿泊費、なんならアメリカ産のネズミ

に会いに行くとなると、20万くらいいるわけですわ。少なく見積もっても・・・・。

しかも、外国人観光客を押しのけて、観光するとなるとこのクソ熱さ。

 

ということで、今年は、キャンプしました。

キャンプです。

交通費はガソリン代のみ、食費はなんか焼いとけばいいし、遊び場は無料の川。

且つ、宿泊費はテントサイトで家族で2500円。超リーーーーゾナブル

 

また、父親として、子供たちに、いいとこ見せられる。

という事で行きました。キャンプ。

ただし、嫁は「虫コエーーーし、その日ぐらいセイリが来る気がするし、あと、テントで寝られないとしんどいし・・・・」というどう考えても言い訳だろうそれ、という理由で不参加でした。しかもだいたいあんたどこでも寝られるし・・・・

と思いましたが、男だけのキャンプもいいかもしんないと思い、3人で行きました。

キャンプの目的は

・エビをとるぞ!   ・・・・・ 川冷たくて凍死しかけた。

・沢蟹取るぞ!    ・・・・・ カニかごに入ったのは、小さい魚のみ

・ご飯炊くぞ!    ・・・・・ 半分以上、お焦げになった。

・テントをたてるぞ! ・・・・・ 練習したかいがあった。

・そしてそこで寝るぞ!・・・・・ 一番の不安材料だったが、酒で気絶した。

・近くの温泉につかるぞ!・・・・ まじ、気持ちよかった。

                 しかし、中学生の長男を小学生と偽りました。

                 ごめんなさい。

 

 

f:id:hamat0102:20190830084457j:image

 

平日で、夏の終わりという事もあり、誰もいませんでした。

夜は私たちだけです。

なので、BBQの火を見つめながら、大声で3人で夜中中歌いました。

とても楽しかったです。

息子たちも、いい時間になったと思います。

これを機会に決意したことは、

①20年前に挫折したギターーまたやろう!!

これ実は、持っているんです。キャンプ場で弾くのが夢でした。

 

 

②春、夏はキャンプをしよう。

このブログが、全国キャンプ場紹介になるかもしれません(ナイナイ)

 

 

こんな感じで、夏休みは過ぎていきました。

何か一歩でも踏み出してみるのはいい事かもしれません。

メンタル壊してから、徐々に少しずつできることが増えています。

 

 

 

テレビにケチをつける嫌な奴に私はなった

妻が、私とテレビを見るのが苦痛だと言います。

理由は、私が常にケチをつけるかららしいです。

たとえば、

【ポツンと一軒家】

「こんなの、全然一軒家ちゃうんやん。県道沿いにあるただの家だろうが!!」

とか、

高校野球

「今のスクイズだろう。無能か? 少しは考えて野球しろや!!」

とか、

サンデーモーニング

「お前はしゃべんな!!知識人てホント頭悪いわ。偏った知識で物事を見るな!

世の中の流れわかってんのか?」

など、枚挙にいとまがありません。

そう、私は制作会社に勤めたことも、野球の指導者になったことも、ましてや知識人とやらになったことも1度もありません。

しかし、テレビに向かって罵倒しているだけのタダのオヤジです。

 

反省しております。

家では頭のいい何でも知っている人間を気取りたいのですが、

逆に家の皆さんに疎まれています。

こういう上司は絶対になりたくない、典型的な人間です。

 

同じ部署にも以下のような奴が確実に存在してます。

・すぐに人の会話に無理やり入ってくるやつ。

 (関係ないのに入ってくんな!!)

・部下に偉そうに、昨日の出来事を解説している奴。

 (その意見、ヤフー掲示板とかで見たぞ!!)

・忙しいとすぐいうやつ。

 (忙しくねーわ。仕事できなさすぎて、それしかさせてもらってねーじゃん)

・家の話に持っていくやつ。

 (昨日の、お前の晩御飯どうでもいいわ。そして他人の子供のサッカー大会の結果にも興味ねーからな。)

 

と思ってふるまっていたのですが、どうも家ではそういう存在になっていた

ようです。

妻が

「子供たちが出て行ったら、私たち二人だけ?私耐えられないかも。」

と、まだ始まっていない、生活について愚痴をこぼされます。

そう、ここは強がって、クソ、不倫してやるからな!そして、毎日愛人宅の

家に入り浸るからな。と思わない方がいいです。

そんなことができる人は、金持っていて暇つぶしに煽り運転する奴にしか

出来ません。黙って、今の癖を見直し、家事の一つでもできるようになって

置くべきでしょう。

65歳からの一人は寂しそうと、ロードの歌手の人を見て思いました。

 

少しさぼり気味のランニングをして、メンタルを調整し、テレビに向かって

悪態をつく性格を直していきたいと思います。

 

誰でも一回は思うよね。作家になりたい。

誰でも一回は、思いませんか?

作家になりたい。

特に、幼少のころから本を読むことをしてきた人間なら、

必ず、必ず、思いませんか?

そう、作家になりたい。

 

実際、良い本を読んだとき、こんな本を俺も書きたい。

と思う事が若い頃はよくありました。

特に、村上龍なんかを読んだときは刺激を受けたものです。

また、逆に、なんじゃこりゃ?という本を読んだときは、

俺にもこの程度ならかけるんじゃないかと思ったことがあります。

誰とは言いませんが、誰とは言いませんが(大事なので2回言いました)

以前、無名の女子大生が「直木賞」取ったときは、

「はあ?なんじゃこの5分で読める本は?

話題作りで、賞あげるなら、やめちまえ!!」

と思ったものです。

 

で、実は、私、実際書いたことがあるんです。

そう、超暇な無職時代に、書いたことがあるんです。

そして気が付きました。

書けない。掛けない。欠けない。駆けない。かけん!!

小説書くって、すげーーーー難しい。

構成とかいう前に、ストーリーとか言う前に、点 、を打つ所さえわからない。

一人称で書いてたのに、いつの間にか、3人称になっている。

など、ほんの少しの間で自分に才能が1mmもないことに気が付きました⤵

 

この時以来、何もない所から物語を作っている人たちを今は、

本当に尊敬しています。

実は、私の友人も、作家を目指したのですが、やはり3年で挫折しています。

私は、ブログでわずか数行書くだけが精一杯です。

 

ここで、1冊の本を紹介したいと思います。

中国の作家で、話題になった本です。

アメリカでも賞を取りました。 

三体

三体

 

 少し紹介すると

 

「  文化大革命で父を殺された、科学者である女性が

人類に絶望し、宇宙人とコンタクトを取り、人類を滅亡させようとした。

そのコンタクトをとった星は、三つの太陽をもつ厳しい環境で文明の滅亡

と勃興をしてきた宇宙人であった。」

こうやって書くと意味わからないかもしれないが、内容は、

一言すげえええええという感じ。

一番関心するのは、よくこの設定ができるよな。

しかも、物理学や、生物学の知識などがふんだんにちりばめていて、

わけわからんけど、何か納得させられる。

宇宙人とコンタクトって、それだけで、古い感じがするが、

全然そんな事を感じさせない。

 

長くなりましたが、何が言いたいかというと、作家って本当にすごい。

そして、読書は最高の暇つぶしになるよ。

という事を言いたかったわけです。

 

この夏は、スマホを捨てて、

人類の英知達が作り出した傑作を読もうではありませんか。

by 新潮社(の回し者)

夏は、寝られないと地獄です。

熱い夏が来ましたが、皆さんお元気ですか。

ただでさえ寝られないのに、さらに暑くて、寝られません。

でも、クーラーはつけたくありません。

 

昔は、夏が大好きで、子供時代は川や海によく友達と出かけていきました。

大人になると、スキューバーの免許を持っているので、よく潜りにいきました。

ミクロネシア、バリ、パラオ、グアム、グレートバリアリーフなどに行ったことがあります。

 

お、リア充か?

と思われるかもしれませんが、全くです。

ほとんど1人でした。

そう、軽いコミュニケーション障害なので、1人でないと

行動できないのです。

 

しかし、これも遠い、遠い思い出です。

 今は、会社と自宅と時々ホームセンターの多肉植物コーナーを往復しているだけの

さえないサラリーマンです。

だから、ふとした事で鬱になります。

 

今日の朝、出勤前にコンビニで入社2年目の若い同僚に会いました。

恰好が半パンにTシャツというふざけた格好でした。

「お、若者、今日はいい格好だな」

「はい、昨日昼からOFFだったので、彼女の家に行ってました」

「そうか、それは楽しかったな。うらやましいなああああ」

「いや、眠いっすよ。今日は寝ながら仕事するっす(笑)」

 

ここからは、私の心の叫び。

「朝帰りかよ-------------------------------うらやましすぎるやろーーーーーーー」

「しかも寝てないって、夜通し何してたんだよ――――――」

 「(笑い)て何だよ!俺が今そんな事したら、死ぬ一歩手前まで追いつめられるわ!!( `ー´)ノ」

 

うらやましすぎて、会社休みたくなりました。

人間の欲望て、いつまで続くのでしょうか。

そういえば、60歳のいい年寄りが、盗撮で捕まってたな。

まだまだ、人の欲望は続くのだな。

 

さらに、ある女性社員は、

ひろしまにいってきまーーーす。」

「誰と?」

「内緒です。宮島の山から見る夕日って、すごい素敵らしいですね💛」

「ご飯も、有名な広島焼の名店を予約してるんです💛」

「楽しみです💛」

 

ここからは私の心の叫び

「会話に💛が、舞い上がっているんだよ。すでに!!

色々と想像するだろうが!!」

「夏の牡蠣にあたってのたうち回りやがれ!!」

 

 皆さんの夏休みの楽しそうな状況に、鬱になりそうです。

私の今の状況は、夜9時20分にベットイン、10時くらいまでには寝る。

しかし、13:00くらいに一回起きて、しばらくもぞもぞ、ぐだぐだして、

また1時間寝るを繰り返しています。

もちろん目覚めはボー――としています。

そして、次の日、顧客との商談だったり、外回りだとシニマス。

確実に。

 

そういう夏を私は過ごしています。

せめて、熱中症にだけ気を付けたいと思います。

 

土用のウナギの日。格差が身に沁みます。

先日、ウナギの日でした。

ラジオでやってましたが、この日は、年間のウナギの売り上げの

40%を占めるそうです。

縁起物に弱い日本人、やはり気になります。

 

どこのスーパーも店頭でウナギを焼いてました。

しかし、値段を見ると瞬間に萎えます。

私の田舎県のとあるスーパーでは、1本2500円でした。

大が3000円、もっと特大が3400円です。

我が家は4人家族です。

しかも、食べ盛りの中学生が1名。

みんなが、ウナギ食べたーーーーと言えるには、

3本は必要でしょう。

となると、少なくとも、7500円いるわけです。

誰の誕生日?状態です。

 

精をつけるだけなら、1枚1000円弱のランプ肉を8枚買って、

ニンニクぶっかけて食べたほうがはるかに効くような気がします。

 

それにもまして、これをひょいと買えるご家庭がどれだけいるのでしょうか?

勝手に規定しました。

①一人一本買う・・・・上流家庭

②縁起物だから、今日は買う・・・・中流家庭

③こんな昔のエレキテル野郎が考えたやつに誰が乗るかい・・・・中流下家庭

④純粋に買えねーー・・・・普通の家庭(現在の主流)

⑤そもそも見ない・・・・無職・引きこもり

 

これでどうでしょう。

(たたかれるの怖いので言っときますが、

上記のヒエラルキーは人間の価値を表しているわけではありません。)

 

うちは、余裕で③でした。

そもそもの嫁さんが

「誰が買うかい!!でも、後ろめたいから唐揚げ買うぞ」

という感じでした。

しかし、この後の話があって、

嫁さんの実家が、2本差し入れしてくれました。

しかも大2つ。

子供達は、唐揚げあるは、ウナギはあるはで、大騒ぎでした。

(少し涙が出たのは言うまでもありません)

 

ここで、結論ですが、①とか②とか、今や、金の使い道が、

孫にウナギを買うしかない高齢者家庭がほとんどではないでしょうか。

つまり、ここに格差社会が表れています。

 

             神

        退職した年寄りたち

     金持ちの家柄に生まれた人たち

  普通に生まれ、普通の育ち、死ぬ気で働いている人達

最近、ガソリンテロが怖いので、言わないでおこうかなと思う人達

 

 高度経済成長に守られ、金を残してきた人たちは、

本当に恵まれているとしか言いようがありません。

私の母は公務員で、38年間勤め上げました。

私にたくさんのお金をかけてくれました。

私は、自分の息子の息子たちに、ウナギを買ってあげられるでしょうか。

 

とりあえず、

うなぎうめええええええええええええええええ。