メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または、あきらめるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

人生のリスクとは

家が、いよいよ着工しました。

f:id:hamat0102:20180723054619j:plain

こうやって基礎工事を見ると、すごく狭く感じますが、これでも

1階の建坪19ぐらいあります。設計を一からしたので、

「あすればよかった、こうすればよかった」と早くも愚痴ってますが、

まあ、私は住めればいいです。それより「夢だった」という妻の

はしゃぎ様を見るだけで満足です。

 

家を建てるという事は当然、リスクもあります。

特にローンです。本当に返せるのか。

また、この間のように、災害に巻き込まれるのではないか。

 

しかし、生きている以上、いろんなリスクがあります。

最近、twitterである若者がつぶやいていました。

「人生のリスクをなるだけ減らした方がいい。」

家・・・4000万

子供1人・・・6000万

車・・・年間100万

なるほど、色々リスクがあるものです。

しかし、疑問なのは、例えばどうして子供1人持つことによって、6000万の費用

がかかると計算するのでしょうか。

むしろ、6000万の価値があると考えないのでしょうか。

私は、以前も書きましたが、友達が絶望的にいません。

家族がなければ、本当につらい人生になっていたような気がします。

使える時間と、金は一人では全く無意味な気がします。

特に、中年になるとそう思います。

 

人間は常に「絶対に死ぬ」というリスクを負っています。

それに比べたら、どれもこれも大したことではない気がします。

どうせ、人は死にます。

メンタルをぶち壊したときに学びました。

「まだ見ない将来を悲観するより、やっちまったほうがいい」