メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または慣れるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

発症から1年たちました

また、6月がやって来た。

発症から、1年がたった。

症状や、睡眠時間、薬などの記録のために、時々つけていた、日記(みたいなもん)

を読み返してみても、よくここまで回復したなと自分で自分をほめてあげたい。

「うつ」パニック障害」「更年期障害」「健忘症」「不眠」「認知症」「難聴」

いろいろな、言葉を並べながら、不安な心を書いてある。

今思い返せば、本当にしんどかった。

 

しかし、だいたい、「大丈夫」「やれる」「もう少し」

など、自分を鼓舞することをしている。

症状は、何度も書いてあるが、不眠症だけが残った。しかも、次の日仕事や

プライベートで何かあるという日だけ、ちょっとした恐怖もまだ残っている。

 

発症の時期もよくなかったのではないかと、今なら冷静に思う。

特に、どこかの本にも書いてあったが、季節の変わり目、温度差があるとき、

そして、雨季(梅雨)は、体調を狂わすらしい。

長い雨は、メンタルによいとはやはり思えないので、とても納得している。

また、私にとって、よくないのは、6月は、1時間プレゼンをして、

顧客10人くらい、続けて2日間ぶっ通しで面接をしなければならないという、仕事があった。

 

その日が近づいてくるにしたがって、意識しないように、意識しないように、

と思えば思うほど、最大限意識した。もう15年も同じことをしているのに。

去年と、今年のプレッシャーは半端ないものだった。

 

前日は、当たり前だが、がっつり睡眠剤を投入して、また今年も、

死ぬ気で寝た。そして、滞りなく終わった。誰も俺を「うつ」「不安恐怖症」

とは思わいだろうなと、ぼんやりデスクで一人思った事だった。

 

こうやって、発症してから、行ったこと(認知したこと)に対しては、二度と恐怖を味わなくなっていった。

 

しかし、今度は、またプレッシャーのかかる「新しい事」が持ち上がっている。

そう、ここ5年くらいずっと妻と協議してきた、「家を買うか」とうい話である。

この「新しい事」に私は耐えられるだろうか。