メンタル壊してからこれからの人生を考えるblog

メンタルがいかれたので、それを克服するため、または慣れるためによしなしごとをヅラヅラ書き連ねるブログ

その③

本屋や、図書室でその「うつ」や「パニック障害」などの

本を読み漁った。「うつ」という言葉の入った本を手に取るときは、

何故か異様に緊張した。とにかく、何をどうしていいのか、

きっかけが欲しかった。そう、薬は対処療法でしかないと

分かっていたからだ。

 

そして、そこに書かれている中で、最大公約数の手段をやろうと決心した。例えば

1.階段の上り下りや、軽いジョギングなどのリズム運動はメンタルに効く

2.腹式呼吸を行う。吸う息の2倍の量の息を吐く。丹田を鍛えメンタルに効く。

3.結局、「うつ」も「パニック障害」も自律神経の乱れから来ているのだから、

  自律神経を鍛える。

 

そこで、6月の終わりから、毎日会社の休憩時間、もしくは就業後、会社の近くにある

独身寮4階までの非常階段をダッシュした。

今思えばよくやったなというくらい、雨の日も、どんなに遅くなっても、

「絶対克復する、絶対負けない」などど、つぶやきながら、走った。

 

また、呼吸も、毎日、気が付いたら、いつも腹式呼吸をしていた。

人が多い所に行くと、胸が苦しくなるので、自分で「大丈夫だ、問題ない

などと思いながら行った。

 

自律神経を整える方法という本が、いくつか出版されている。

その中で、立原啓介というタレントのCD付きの本を買った。

寝る前に、CDを掛け、訓練を行い、やり方を学んだ。

 

6月、7月は、本当にいつ会社を休職してもおかしくないくらいの精神状態

だった。ちょっとした休憩時間を見つけては、腹式呼吸をしながら、

瞑想した。汗は、相変わらず手のひら、足の裏にびっしゃりとかいた。

 

しかし、以上の事を必死にやり、何とか乗り切ることが出来た。

 

夏になったら、有休をフルに使った。

休むの悪いなという社畜の気持ちがやはりあったが、妻に

「有給ってそのためにあるんでしょう、何のために残すわけ?

何かあったら?馬鹿じゃない。今が、その何かがあった時じゃん」

と言われ、まったくその通りだと納得した。20日全力で使った。